OLIVER PEOPLES HILLERMANの着用イメージとたか太郎のサングラスコレクション!

DSC04823

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)HILLERMAN クリアフレームコンビネーションサングラス購入!
イタリア伊達男に欠かせないアイテムと言えばサングラス。今回のPITTIでも様々なサングラスを...

前回お伝えしたOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)HILLERMANの購入レポート。このサングラスには上のようなシアサッカーのジャケットとホワイトのパナマ帽でも合わせてみたい。これだけで爽やかな夏らしい装いの完成です。

そこで今回はHILLERMANの着用イメージと私の持っているサングラスをすべてご紹介したいと思います。

OLIVER PEOPLES HILLERMANを掛けてみる

DSC04820

フィナモレのリネンシャツとボルサリーノのパナマ帽と合わせてみました。夏らしい雰囲気のクリアなフレームと薄いブルーレンズが特徴です。サングラスに抵抗のある方でもこのクリアフレームなら悪目立ちせず、わりとスッキリ掛けることができます。それにどんなスタイリングとも合わせやすいのも嬉しいポイントです。サングラスに慣れている方ならもっと濃いレンズを入れたり、ミラーレンズにして遊んでも面白いかと思います。

たか太郎のサングラスコレクション

DSC04828

DSC04826

私の手持ちのサングラスがこちらになります。下の写真の一番上の2つが999.9(フォーナインズ)で、あとの4つがOLIVER PEOPLESです。どちらのブランドも日本生産なので、日本人の顔にとてもよく馴染みます。海外生産のモノだと鼻当てが低すぎて、平らな自分の顔に合わないことが多いんです。その点この2つのブランドは掛け心地もデザインも気に入っています。

ちなみに私は近眼なのですべて度付きレンズにしています。そのためレンズの濃さも自由に変えたり、偏光レンズ・ミラーレンズ・調光レンズと自由に選べます。その分レンズ代がプラスされますがね…

最近は普段用サングラスは999.9を使い、ファッション(お洒落)用としてOLIVER PEOPLESを使っています。そのOLIVER PEOPLESの中でもフレームの色やレンズの濃さが違うので、その日のスタイリングや気分によって使い分けています。

これから日差しが強くなるとサングラスが欠かせなくなってきます。せっかくならファッションと目の保護を両立させたい。あとサングラスは光のギラつきも抑えることができるので、車に乗っている美女を確認したいときにも密かに役立ちます(笑)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です