Berluti(ベルルッティ)のサイトの「おしゃれに決めるポイント」のQ&Aがシュール過ぎて笑える!

tumblr_nqm1dd3RDH1qfbqolo1_1280

1895年に創業したフランスの高級紳士靴ブランドであるBerluti(ベルルッティ)。インポートファッション愛好家の方ならお持ちの方もいるのではないでしょうか?最近はウェア類も積極的に展開しているようですね。そんな靴の宝石と言われるベルルッティのサイトのあるQ&Aがちょっとユニークで面白かったのでお伝えしたいと思います。

Q&Aがシュール過ぎて笑える

tumblr_nqm1crToqq1qfbqolo1_1280

「おしゃれに決めるポイント」と題したQ&Aが載っていますが、その質問と答えがとてもユニークで面白い。もちろん知っていて損のない役立つQ&Aばかりですが、「これっておしゃれに関係ある!?」ってことがけっこう載っています(笑)あまりに面白くていろいろ読んでしまいました。みんさんも暇なときに一度目を通してみて下さい。

そのQ&Aの中でユニークで面白かったものをいくつかご紹介したいと思います。

靴の底にくっついたチューインガムは、どうすればとれますか?

チューインガムは数世紀もすれば分解されてしまいますから、黙って我慢して、自然に任せるという方法もあります。でもお急ぎの場合は、氷を当てると、チューインガムが硬くなって簡単にはがれるようになります。一方、溶剤を使用するという方法も効果がありますが、刺激が強いので、できる限り避けましょう。

確かにこの不運な状況はいつ起こるかわからないので知っておいて損はないですよね。なるほど、氷を当てて冷やすと取れやすくなるのですね。これは覚えておきたい豆知識ですね。

ジェントルマンが、ストローで飲物を飲んでもよいのでしょうか?

晴れた日にサングラスをかけて、テラス席に座ったあなた。すぐにウェイターがやって来て、テーブルの上の読みかけの本の横に、ストローをさしたグラスを置いていくでしょう。そう、アイスキューブやクラッシュアイス入りの飲物の場合には、ストローを添えて出すのが習慣になっているのです。逆にスタイル的に見ると、問題があります。おそろしく子供っぽく見えるストローは、それに頼っている男性の信用を落とします。たとえその男性がどんなに男らしい人だったとしても…。だから絶対にストローを使うのはやめましょう。そのためには2つの方法が考えられます。1つは、氷の入ってない飲物を注文すること。そしてもう1つは、氷が口に直に触れるリスクを負うことです。

確かにちょっと気になる質問ではありますが、個人的にはジェントルマンでもストローを使って飲んでもいいと思います(笑)

夏、夜寝る時には何を着ればよいでしょう?

質問が具体的過ぎて笑えます。それにどういう方からの質問なの?って突っ込みたくなります(笑)そしてベルルッティの回答はこちら。

それはあなた自身とあなたと一緒に寝る人の問題ですが、日が暮れたからといってスタイル的に手を抜く理由は一切ないと考えてください(「真のスタイルは、他人の目のない私生活において着用するスタイルである」と、まさに一部の紳士たちは言っています)。だからレベルをキープするために、ポプリンのトランクス(ホワイトの無地またはスカイブルーの細かいストライプ入り)にエジプト綿のホワイトのTシャツの組合せはあまりお勧めできません。それでは少し早いですが、おやすみなさい!

どうやらベルルッティは回答の途中で眠くなったようですね(笑)

クリスマスプレゼントが気に入らなかったらどう反応を?

かなり失礼な質問者ですね(笑)でもベルルッティはちゃんと回答していますが、その回答が真剣なのかふざけているのかわからなくなってきました。

誰もがきっと、経験あることでしょう。プレゼント交換の時がきてそれを開けてみると、既に読んだことのある小説が…、しかも面白くなかったものだったりします。或いは、アイロン台ほどにも幅広いネクタイだったり、お酒は全く飲めないのに、リカー入りのチョコレートの箱だったり…。でも、クリスマスの気分を台無しにしたり、不平を言ったりする人がいるでしょうか?このようなときには、是非、あなたの隠された、それもとても深いところで眠っている、お芝居の才能を披露することをお勧めします。「これはまさに欲しかったものなんだ」と言い、送り主を抱きしめ、受け取ったプレゼントを使い始めるのです。本であれば、裏表紙のあらすじ読み、ネクタイなら、自分の首に回して結んでみましょう。もし、有名なリカーチョコレートの箱ならば、ひとつ召し上がってみて下さい。ただし、先に奥さんに頼んで、救急車を呼んでもらうことも…。

カウボーイ風バックルのベルトをしてもいい?

これはどんな服装の方からの質問なのでしょうか?(笑)さらにベルルッティの回答が笑えます。

ウェスタンブーツを履いたり、ポーラータイをアクセサリーにしたり、或いは本当に馬の背にまたがって街を闊歩しようとする人は、誰もいないでしょう。カウボーイ風バックルを、ベルトにつけるのをお奨めしないのも同じことです。都会的な雰囲気の中では、かなり異質に目立つことになります。ですから、テキサス旅行の時だけに、お使いになることを強くお奨めします。

「明けましておめでとう」と言えるのはいつまで?

これを靴ブランドのベルルッティに聞く!?(笑)でも知っていて損はない豆知識だと思うのでよかったら読んでみて下さい。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です