たか太郎がよくやっている洋服リフォームはこれ!

tumblr_nbr5d8JYx21rbedqdo1_1280

インポートのジャケットやパンツを購入すると、多くの場合は袖や裾は未修理の状態のままかかと思います。その場合は購入したショップでジャケットの袖修理やパンツの裾修理を依頼する方が多いと思います。中には未修理のまま引き取って、自分の好きなリフォーム店へ持ち込む方もいるかと思います。特にジャケットやパンツは買ってすぐ着られることは少なく、着るまでに修理を必要とすることが多いです。

そんなジャケットやパンツの修理について私がいつもやっていることをお伝えしたと思います。

ジャケットの袖修理

tumblr_nrhyl7Baz61sfe3uxo1_500

インポートのスーツやジャケットを購入すると必ずと言っていいほどやらなければならない修理です。多くのジャケットはアンフィニッシュになっていて、袖口の仕様を決めなければなりません。初めから本切羽仕様になっているジャケットもたまにありますが、それは珍しいくらいです。

私の場合はほとんどのジャケットは本切羽仕様にしています。料金は別途5,000円前後掛かります。ちなみに本切羽とは上の写真のように袖口のボタンによって開閉できる仕様のことです。本切羽の由来については諸説あるので割愛しますが、私はカッコイイと思うから本切羽にしているだけです(笑)

さらにややこしいのが、ボタンを何個付けるだとか、ボタンを重ねるとか重ねないとか色々決めなければなりません。私はいつもそのときの気分で決めているくらい適当です(笑)正解があってないようなものなので余計にややこしいんですよね。その時の自分の気分やわからなければお任せでショップの店員さんの意見で決めても問題ないと思います。

私は以前オーダーしたジャケットの袖ボタンは2個だけにして遊んだりしています。普通2個なんてないですけどね(笑)あまりあれこれ拘らずにいろいろ遊べばいいんじゃなかと私は考えています。

ジャケットの着丈詰め

ジャケットで袖修理の他に着丈を詰めることがあります。私はだいたい1~2センチほど詰めることが多いです。たった1センチでも着丈だとだいぶ印象が変わります。着たときに「なんか野暮ったいなぁ」と感じるときは着丈が長いことが多い。少し詰めるだけで軽快になります。

あとダブルのジャケットだと前身頃が下がりやすいので、前側だけ詰めることもあります。「後ろはそのままで前だけ2センチ詰めて欲しい」と依頼したこともあります。少しでも長いと感じたときは袖と同時に着丈も詰めることにしています。

パンツの裾修理

tumblr_n7l20erH3r1tcv39ao1_540

パンツを購入した際に必ずと言っていいほど行うのが裾の修理です。ジャケットの袖と同じくアンフィニッシュになっているものが多く、丈を詰めてダブルにするのかシングルにするのかタタキにするのかを決めます。

パンツ丈の今の主流はくるぶし丈です。ウールパンツもコットンパンツもくるぶし丈。あとは個人の好みで長さを少し調整するだけです。

シングルにするかダブルにするかは正直好みですが、通常パンツの素材で決まってくるので、私はダブルにできるものはダブルでお願いしています。私の場合ダブル幅は4.5センチが多いですが、今のトレンドなら4~5センチ幅なら全然問題ないと思います。

パンツの裾幅詰め

あと丈詰めと同時にやることが多いのが裾幅詰めです。今のパンツはモモから裾まで徐々に細くなっているテーパードシルエットが主流です。しかしパンツによっては裾幅が少し太いものがあります。そんなときは丈詰めと同時に裾幅も詰めています。

私の今の場合だと裾幅のベストは17~18センチです。18センチを超えてくると太く感じてくるので、1センチ前後詰めてしまうことが多いです。これまたたった1センチですが、ぐるり(周囲)で2センチになるのでけっこう違ってきますよ。

昔の太いパンツをリフォームする場合は裾幅詰めだけでは限界があるので、裾幅だけでなく、膝も詰めることもあります。もちろん渡り(太モモ)も詰めることもできますが、そこまでやるとけっこう料金が掛かってくるので慎重に判断しています。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です