手持ちの白シャツを今トレンドのバンドカラーシャツにリフォームしてみた!

tumblr_nq4qja0FsO1qfjc32o1_1280

みなさんはバンドカラーシャツというのはご存知ですか?上の写真の伊達男が着ているように首元に細いバンドがぐるっと一周付いているシャツのことです。襟羽根のないシャツと言った方がわかりやすいでしょうか?このシャツは今トレンドとして注目されており、特に今季は各ブランドからこぞって提案されています。

でも私はちょっとトレンドど真ん中過ぎて新品を購入する気は正直ありませんでした。やっぱり基本は襟付きのシャツだと思っています。でも買う気はないけど、手持ちのシャツをリフォームして試してみるならアリかもと思い、先日リフォーム店でお願いしてきました。

手持ちのシャツをバンドカラーにする

DSC05101 DSC05099

まずは手持ちシャツのご紹介。昨年購入したCIT LUXURY(チットラグジュアリー)のドビードット白シャツ。白シャツは他に2枚持っているため、登板頻度の低いこれをバンドカラーにリフォームすることに決めました。

リフォーム後

DSC05208

DSC05209

見事にバンドカラーシャツになりました。これでリフォーム料金は2,500円。新たに買い足すより安いですよね。わかりやすいように切り取った襟を合わせてみました。

DSC05212

DSC05214

DSC05213

バンドカラーは普通のシャツの襟羽根を外した状態ということになります。このシャツの場合、襟羽根を外した台襟の高さは約3センチです。ただ台襟が高過ぎるシャツだと襟羽根を外しただけではバランスが悪いので、少し削った方がいいと思います。台襟の高さ調整をすると料金はさらに高くなると思います。個人的には台襟の高さは2~3センチくらいが適当ではないかと思っています。もし試される方は信頼できるリフォーム店で相談してみて下さい。

着用イメージ

DSC05215 DSC05216 DSC05217

着てみたら案外気に入っちゃいました(笑)襟羽根がない分、首元が軽くなった印象です。でもヘンリーネックやクルーネックのカットソーほどカジュアル過ぎないのがいい。ちょうどシャツとカットソーの中間くらいのイイ塩梅です。シャツを合わせるまでもないときなどに役立ちそうです。案外使えるかもしれません。

ジャケットを合わせてみると

DSC05219 DSC05220

試しにちょうど一緒にリフォームに出していたボリオリのジャケットを着てみました。パッと見は普通のシャツに見えますね。でもよく見ると襟がないですからね。台襟があるため直接ジャケットが肌に触れないため汚れないのも嬉しいポイントです。

まとめ

今回はたった2,500円の投資で手持ちの白シャツが見事にバンドカラーシャツになりました。なにも新品を買わなくても手持ちのシャツで今トレンドのバンドカラーが十分楽しめます。他にもデニムシャツやシャンブレーシャツなんかで試してみても面白いと思います。

もしみなさんも着なくなったシャツや襟が汚れてしまったシャツがあれば、バンドカラーにリフォームして雰囲気を変えてみてはいかがですか?洋服は着なくなってタンスの肥やしになってしまうのが一番もったいないので、リフォームを活用して洋服をトレンドアイテムに蘇らせてみるのも面白いものですよ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です