OG x OLIVER GOLDSMITH(オージー・バイ・オリバーゴールドスミス) Editor (エディター)メタルフレームメガネ購入!

4307459518_28463eab62_z (1)

私は視力がけっこう悪いためメガネを掛けています。コンタクトもたまに使うのですが、すぐ目が充血して合わないため普段はメガネをしております。サングラスと同じくその日のスタイリングや気分で数種類を使い分けています。今回は持っていないメタルフレームのメガネを探していました。せっかくメガネを掛けるならお洒落でコンサバ服にも合うモノがいいですからね。ということで先日行きつけのメガネ屋さんへ行って購入してきました。

OG x OLIVER GOLDSMITH Editor

DSC05201 DSC05198 DSC05197

OG x OLIVER GOLDSMITH Editor (エディター) フレーム代:¥35,640 購入店:G-TRANCE(ジートランス)

OLIVER GOLDSMITH(オリバーゴールドスミス)はイギリスの老舗ブランドです。

1926年創業、英国の老舗アイウェアブランド「OLIVER GOLDSMITH(オリバーゴールドスミス)」。2014年88周年を迎える同ブランドから、100周年に向けた新ライン『OG×OLIVER GOLDSMITH(オージー・バイ・オリバー・ゴールドスミス)』が立ち上がりました。

OLIVER GOLDSMITHは昔からある老舗のアイウェアブランドですが、OG×OLIVER GOLDSMITHはまだ最近誕生した新しいラインです。そして今回の新作コレクションは「シーイージーピー(CEGP)」と呼ばれていて、職業をテーマにしています。

このモデル名はEditor (エディター)。編集者の意味ですね。他にCritic(評論家)、Garageman(自動車修理工)、Postino(郵便配達人)の業種をモチーフにしたメガネがあります。ブランドの世界観の中で眼鏡の形状や素材を決めていく面白い試みです。その中で私がもっとも気に入ったのが、編集者を意味するEditor (エディター)でした。

ご覧のように形はボストンタイプ。丸みがあるのでよりクラシックな雰囲気になります。それこそ編集者でいそうな感じです。あとよく見るとノーズパッドがゴールドなのが面白い。実はこのメガネは担当の店員さんも掛けていて、カッコイイなぁと思って紹介してもらったんです。

G-TRANCE(ジートランス)

DSC05191 DSC05190

名古屋市中村区名駅4丁目7−1 ミッドランドスクエア3F
TEL/052-587-5550 OPEN/11:00~20:00

私がいつもサングラスやメガネでお世話になっているのが、名古屋駅前のミッドランドスクエアに入っているG-TRANCEです。いわゆるメガネのセレクトショップになるので、さまざまなブランドを取り扱っています。私はここで他にも999.9(フォーナインズ)やOLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)、H-FUSION(エイチフュージョン)などを購入しています。

あとここの店員さんはとても親切でメガネの知識も大変豊富です。自分の顔型に合うメガネを選んでくれたり、服との組み合わせ等あらゆる相談にのってくれます。名古屋でメガネやサングラスをお探しなら間違いなくオススメのショップになります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です