たか太郎の猛暑日ジャケパンスタイリング!

11575493433_3325f012d1_z (1)

名古屋では連日猛暑日が続いていて嫌になってきます。気温35℃を過ぎるともう全身の毛穴から汗が噴き出てきますからね。こうなるともう完全に戦意喪失してしまい、男の戦闘服であるジャケットがなかなか着られません。でもこの暑さでもジャケットを着用しなければならないときもあります。そんな私の猛暑日のジャケパンスタイルをお伝えしたいと思います。

インナーには半袖ニットポロ

DSC05236 DSC05237

John Smedley MILO ホワイト サイズS
PT01 Sailor(裾幅改) ギンガムチェック サイズ46
ANTONIO MAURIZI クロコ型押しローファー ブラック サイズ6.5

まずはインナーのご紹介ですが、私は暑い日にジャケットを着る際には半袖ニットポロを着ることが多いです。さすがに長袖シャツは着られないので…この組み合わせを基本として、手持ちのジャケットを合わせていく感じです。

猛暑日のジャケパンスタイリング

DSC05238 DSC05239 DSC05241

Lubiam ウールホップサック ブルー サイズ44
ATELIER F&B コットンシルク ペイズリー ラズベリー

イタリア伊達男も大好きな鮮やかなブルージャケット。他をシンプルにまとめれば派手さを感じません。

DSC05245 DSC05246 DSC05248

TAGLIATORE リネンコットン サックス サイズ44
Shibumi 絵柄シルクチーフ

こちらはサックスブルーのジャケット。素材がリネンコットンなので清涼感があります。

DSC05252 DSC05251

DSC05256

DSC05260

ビスポークジャケット HOLLAND & SHERRY
Shibumi 歌舞伎シルクチーフ

昨年オーダーしたホーランド&シェリーの生地を使ったジャケット。バックベルトやポケットの切れ込みなど、サファリ風のジャケットに仕立ててもらいました。

DSC05269 DSC05268 DSC05267 DSC05266

LBM1911 コットンリネン オフホワイト サイズ44
FRANCO BASSI ペイズリーシルクチーフ

LBM1911のコットンリネンジャケット。オフホワイトのジャケットを着ると見るからに涼しそうに見せられます。色使いや素材使いで涼しそうに見せるのも大切じゃないかと。

まとめ

どのスタイリングもジャケットを替えただけで、インナーとパンツはすべて同じです。ジャケットを替えるだけで見栄えは違ってきます。ジャケットの色や素材感だけで印象はずいぶん変わります。そして暑い日にジャケットを着ていてもいかに涼しそうに見せるかも大切だと思います。まだまだ暑い日が続きますが、TPOに応じていろいろな着こなしを楽しんでいきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です