イタリアクラシックファッション好きのためのサングラス選び!

Pitti-Uomo-SS17-Street-Style-46

イタリアのPITTI UOMOなんかで颯爽と歩いているイタリア伊達男たちのスナップを観て、「この人めちゃくちゃカッコイイなぁ~」って思うことありませんか?具体的にどこがカッコイイのかってなかなか説明できないですが、全体の雰囲気がカッコイイとしか言いようがありません。やはりファッションというものは一部分だけではなく、全体の雰囲気によってカッコよさが左右されるものだと思っています。だからと言ってイタリア伊達男のみんながみんな超高級なスーツやジャケットを着ているわけではありません。彼らはそこそこのスーツやジャケットを着ていてもカッコよく見えるのです。一体なぜか?それは髪型やヒゲ・サングラス・小物などにもバランスよく気を遣っているからだと思います。

日本のクラシックファッション好きの方は服や靴や時計にはお金は掛けるけれども、髪型や小物等に投資をする方って案外少ないように思います。とりわけ髪型やサングラスなどの顔周りの投資は見栄えにモロに影響してきます。服はイタリアの超一流サルトリアのものだけど、髪型はごく普通で顔周りは超日本人っていう方たまにいますよね?別にそれが悪いとは言いませんが、服と顔のバランスが取れていないという方を見掛けます。だから服や靴だけに頑張って投資をしていてもけっしてイタリア伊達男のようには近づけないと思います。とりわけサングラスは掛けるのと掛けないのとでは見栄えが全然違ってきます。せっかくイタリア製のクラシック服を身に纏ったら、ぜひサングラスも一緒に掛けていただきたいと思っています。

私もこれまでにいろいろな種類のサングラスを購入してきました。本当にサングラス一つで全体の雰囲気が変わると言っても過言ではありません。もちろん日差しから目を保護する役割もありますが、それ以上にサングラスは見映えに影響してきます。そんなサングラス選びで私がオススメするイタリアファッションに合わせやすいモデルをお伝えしたいと思います。

サングラス選び

①ウェリントン

tumblr_o940otU0Vj1rnqs5so9_1280

いわゆる台形型のサングラス。イタリア伊達男の着用率がもっとも高い定番モデルです。一口にウェリントンと言っても角張った四角い物もあれば、丸みを帯びたものなど様々ですが、まずはこの型を押さえておけば間違いありません。基本的にどんな服装とも相性が良く、ややワイルドな雰囲気を出したいときにピッタリです。

②サーモント

tumblr_o948tlP7661uqx1hto1_540

ブロー型とも呼ばれるサングラス。これも今では定番的なモデルになってきていますが、どんな方でもさほど違和感なく掛けていただけるのが魅力ではないでしょうか。クラシックな雰囲気を出したいならぜひ候補にしたいですね。先日の私の顔出しスナップで掛けていたものもこのサーモント型になります。どんな服ともよく馴染むので自然に着用回数が多くなります。

③ボストン

tumblr_o90s9f7Hcw1t90gqdo1_1280

丸型や丸型に近いサングラス。丸みがある分、柔和な雰囲気になるように思います。イタリア伊達男たちの間でもとても人気のあるモデルです。このボストン型は似合う方と似合わない方がはっきり出てしまいますが、ピッタリはまれば非常にクラシックでカッコイイ雰囲気になります。特にクラシックなイタリアファッションにはとてもよく馴染むと思います。

まとめ

DSC07204

私のサングラスコレクション。上記の3型は押さえてあります。ウェリントン・サーモント・ボストンがそれぞれあれば理想ですが、まず揃えるべきサングラスは超定番のウェリントン型だと思います。イタリア伊達男の着用率もナンバー1です。イタリア伊達男というと、ティアドロップ(しずく型をしたレンズ)を掛けていそうなイメージがあると思いますが、それはひと昔前のことであって、実際のところ掛けている伊達男は少数です。それに顔の薄っぺらい日本人にはティアドロップは似合う似合わないがはっきり出てしまうため、よ~く考えないと顔だけなんちゃってジェームズボンドになってしまいます(笑)

サングラスを購入する際は、実際に手に取ってあれこれ掛けてみることをオススメします。一度も試着せずにネット等で購入するのは危険かと思います。メガネ・サングラス専門ショップでいろいろ試着していただき、自分の顔幅や目幅にきちんと合った物を選んでいただきたいものです。自分の顔に似合うことはもちろん、顔幅や目幅によって合う合わないがよくあるんです。こればかりは実際に掛けてみないとわかりません。服選びと違って、メガネやサングラス選びは本当に難しいと感じています。まずはひたすら気に入ったサングラスを掛けまくってみて、自分に合うサングラスを見つけてみて下さい。

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です