JOHNSTONS(ジョンストンズ)カシミヤストール購入&着用レポート!

6327687263_3243723357_b-1

朝晩の冷え込みも強くなり、コートやアウターの出番がくるようになってきましたね。一年の中でもこれからが一番ファッションをあれこれ楽しめる時期です。頭の中で今日はどんなスタイリングをするのか考えるだけでワクワクしちゃいます。もっと寒くなってきたらグローブやストールなどの小物も活躍します。今回はそんな冬に欠かせない定番小物であるカシミヤストールを購入したのでお伝えしたいと思います。

JOHNSTONS(ジョンストンズ)カシミヤストール

dsc07484 dsc07485 dsc07486 dsc07487

JOHNSTONS カシミヤストール White with Black Windowpane ¥66,960→¥53,117 購入店:Amazon(アマゾン)

言わずと知れたスコットランドの名門ジョンストンズ。200年以上にわたって高級素材を用いたアイテムを手がけてきました。中でもカシミヤのクオリティはお墨付きです。過去にはあのビッグメゾンであるエルメスのカシミヤ製品を手がけていたそう。実際に手に持ってみてもこのツルっとしたカシミヤ独特の肌触りはまさに極上です。

柄はホワイト地にブラックのペーンが入っております。昨年からブラックやホワイトのモノトーン色にハマっていて、ちょくちょく買い足しています。どうしてもストールやマフラーとなると地味で暗い色を選びがちになってしまいますが、たまにはこんな明るいホワイト系もいいかなと。暗くなりがちな顔周りが明るくなりそうです。ただホワイトなので汚れやすいという欠点はありますが、きちんとお手入れさえすれば長く使えると思います。

さすがにプロパー価格の6万オーバーでは買う勇気はなかったのですが、今回はAmazonプライム会員限定の20%OFFキャンペーンを活用してお得にゲットできました。これから活躍するっていうこの時期に割引してくれてすごくありがたいです。現在は15%OFFキャンペーンが開催中なので、気になる方はチェックしてみて下さい。

Amazon (ジョンストンズ)JOHNSTONS【公式】 カシミヤストール WA000056

楽天市場 Johnstons(ジョンストンズ)大判カシミヤストール・マフラー WA000056 AU0330

いろんな巻き方を試してみる

dsc07493 dsc07494

ピッティ巻き(ミラノ巻き・イタリア巻き)

コートは今季購入したタリアトーレのハウンドトゥースチェスターと合わせてみました。まずはピッティ巻き。このストールは70×190と大判サイズなので、かなりのボリュームが出てしまうのではないかと心配していましたが、巻いてみると意外に程良く収まりました。この巻き方は首元が締まっていてとても暖かく、風の強い日でも崩れないのがいいですね。ただ結ぶのに多少の手間と時間が掛かってしまうかな。

dsc07495 dsc07496

ラウンド巻き

くるっと一周させて巻いてみました。いかにも感がなく、自然な感じで服に溶け込める巻き方だと思います。ただ風が強い日は崩れやすいのが欠点かな。

dsc07504 dsc07505

ワンループ巻き

これは一般的な巻き方ですね。輪っかを作ってそこに通すだけ。簡単にすぐ巻けてしまうのがいいですね。ただメジャー過ぎて人とよくかぶるのが欠点かな。

dsc07497 dsc07498

スヌード風巻き

スヌードのように前に垂らさず後ろに回した巻き方。首から肩回りにかけて暖かいのがいいですね。あと目線が上にいくため、スタイルを良く見せる効果があると思います。ただこちらも風の強い日は崩れやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 若僧 より:

    おはようございます。
    いつもblogチェックさせて頂いて勉強させて貰っております(`_´)ゞ
    ジョンストンズのカシミアは毎年重宝する流石の肌触りですよね
    巻き方もボリュームあってかっこいいです!
    それに付随する今年の大物アウターは狙い目がありますか?
    ご意見伺いたいです^_^

  2. ハジメアキラ より:

    初めまして!
    最近から見させていただいているのですが、本当におしゃれですね!是非お近づきになりたいです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です