男3人で美味しいお鮨を食べに行ったときのスタイリング!

ハシゴはなしだけど、本当に美味しいものを食す会。いつもの友人と3ヶ月に一回くらいのペースでやっています。ちょっぴり贅沢な会ですが、たまには息抜きにとことん美味しいものを味わいたい。私はほとんど毎日家で食事をしていて、外食は月に一回あるかないかくらい。家族と過ごす時間を一番大切にしたいんです。な~んて、ただ友達が少ないだけです(笑)手軽に美味しいものを味わえる食事と言えばお鮨。高級なフレンチやイタリアンだと男同士ではちょっと入りづらいけど、お鮨なら居酒屋感覚で気軽に行けちゃいますからね。特に日本酒と食すお鮨は最高です。私はワインソムリエの資格は持っていますが、日本酒は持っていないので今度は酒ソムリエでも狙ってみようかな(笑)今回友人が予約してくれたのは、名古屋の池下駅前にあるお鮨屋さん「米倉」。まだ新しいお店ですが、とてもいい仕事をされているので今後は予約困難になってくるかもしれません。今回はそんなお鮨屋さんへ行ったときのスタイリングをお伝えしたいと思います。

たか太郎のお鮨屋スタイリング

TAGLIATORE ハウンドトゥースチェスターコート サイズ44
ZANONE ミドルゲージタートルネック オフホワイト サイズ46
INCOTEX A30 シャドーチェック サイズ46
John Lobb WILLIAM ブラウン サイズ6.5

お鮨屋さんってそこまでカッチリした格好をしていくイメージがないので、カジュアルなんだけどちょいドレス寄りのスタイリングにしてみたつもりです。このタリアトーレのハウンドトゥース柄チェスターは一目惚れして今季購入したもの。ザノーネのミドルタートルもチェスターと合わせて購入。パンツは私の大好きなインコテックスで確か4年くらい前のものかな。そして靴は3年前に購入したジョンロブのダブルモンク「ウィリアム」です。全体的にとてもシンプルなモノトーンスタイルですが、私の今季挑戦してみたかったお気に入りスタイリングの一つです。最終的にはこんな感じで首にストールを巻いていきました。

ストールを巻く

JOHNSTONS カシミヤストール White with Black Windowpane

今季購入したジョンストンズのウインドペーン柄の大判カシミヤストールを巻きました。ボリュームが出るように巻き方はピッティ巻き(イタリア巻き)にしてみました。素材はカシミヤなので、巻くだけで首元はすごくポカポカです。正直タートルニットがいらないくらいです(笑)寒がりの私でもこれだけ防寒すれば真冬でも大丈夫です。全身暖かいのにはもう一つ理由がありまして、実はめちゃくちゃ暖かいインナーを着ています。いつも言っていますが、私は男子なのに極度の冷え性のため、あの有名なヒー○テック1枚だけでは全然効果ないんです。そのワンランク上の極暖も持っていますが、それでもちょっと寒いくらい…。そんな真冬にこの最強のインナーを見つけてからは、こればかりリピート買いしています。

GUNZE(グンゼ) ホットマジックインナー

いろいろ冬インナーを試した結果、これが一番暖かいと思っています。これ本当にヤバいくらい暖かいですよ。これ1枚あれば雪国でもへっちゃらなんじゃないかと思うくらい。裏起毛素材なので着た瞬間からポカポカ暖かいです。生地の厚さはヒー○テックの倍くらいありますが、この上に問題なくいつもの洋服を着ることができます。ピッタリしているため、スラックスの下に穿いてもシルエットはまったく崩れません。しかしなぜズボン下をド派手な赤色を選んだのかって?実はこの赤色しか在庫がなかったんです…。それにどうせ脱がない限り見えませんから(笑)冷え性男子の方には超オススメのインナーです。

今ならAmazonでグンゼの対象商品を買うと、注文確定時に表示金額より20%OFFになります(3月31日まで)↓

Amazon (グンゼ)GUNZE インナーシャツ メンズ ホットマジック スーパーストレッチ Vネックロングスリーブ

Amazon (グンゼ)GUNZE ズボン下 ホットマジック メンズ 裏起毛 ストレッチ 前あき

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です