PITTI UOMO92から来季のトレンドを勝手に考えてみる!

年2回イタリアで開催されるメンズ洋服見本市である世界お洒落選手権PITTI UOMO(ピッティウォモ)。今回は例年になく盛り上がりに欠けているのはイタリア服好きの方なら薄々お感じかと思います。私もこれまで当ブログで世界中の伊達男たちのスナップを追いかけていましたが、今回から追いかけるのをやめました(笑)なぜここまで盛り上がらないのでしょうか?色々理由は思い当たりますが、一番の大きな理由は「飽き」だと思います。世界中の皆さんが飽きてしまったのです。今までは世界中のファッションメディアがこぞってネット等で取り上げていましたが、今回はそのメディアがパタリと追いかけなくなったのです。その証拠に私のSNSには各メディアから伊達男スナップが集まる仕組みにしてあるのですが、今回は異常なくらいスナップの数が少ないんです。それに今まで来ていたスナップ常連の伊達男たちもあまり参加していません。もうピッティウォモというイベント自体が珍しくなくなって、ちょっと世間から見放されてしまった感が出てきました。それでもスナップを撮られようと、猛暑の中タイドアップして頑張っている方々には頭が下がります。

来季のトレンドは!?

さて、そんなピッティ批評ばかりしていても仕方ないので、今回のピッティから来季のトレンドをたか太郎独自に勝手に考えてみたいと思います。

各ブランドで打ち出しが多いのがこういったサファリやミリタリーテイストのジャケット。もちろん従来の本格ジャケットもありますが、ややカジュアルに振ったジャケットの提案が多い傾向です。本格ジャケットに少々飽きてしまった方はこういうジャケットを一着持っているとさらに楽しめるかもしれません。

ジャケットのカジュアル化と並行して、シャツもカジュアル寄りになってきているように思います。

オープンカラー(開襟)や胸ポケット付きのシャツの提案が多くなっています。シャツもどんどんカジュアル化が進んでいるようです。私も今オープンカラーの胸ポケット付き長袖シャツを探しているのですが、なかなか見つからないので来季あたりの展開を期待しています。

ということで来季のトレンド予想としては、ジャケットやシャツのカジュアル化を軸にしたスタイリングが増えるのではないかと勝手に思っています。みなさんはどのように感じましたでしょうか?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です