SUITSUPPLY(スーツサプライ)カスタムメイドパンツの購入&着用レポート!

早いもので今年も残すところあとわずかとなりました。あれよあれよと言う間に時間って過ぎていきますね。時は金なり。身に染みる言葉です。服好きにとってこれからが一番オシャレを楽しめる時期です。それに今月からセールがぞくぞくと始まり、誘惑に負けて買ってしまうのもこの時期(笑)これからしばらくはセールのチェックが欠かせません。さて、今回はいつも利用しているSUITSUPPLY(スーツサプライ)のカスタムメイドパンツを作ってみたので、購入&着用レポートをお伝えしたいと思います。

SUITSUPPLY(スーツサプライ)カスタムメイドパンツ

SUITSUPPLYのカスタムメイドとは、いわゆるイージーオーダーとかパターンオーダーと呼ばれるものです。簡単に説明しますと、自分の好きな生地を選んで自分の好きな仕様やサイズを選びます。日本でも多くのセレクトショップ等でやっているのはご存知かと思います。ただオーダーとなると価格もそれなりにしてしまうのが欠点ですが、SUITSUPPLYではアンダー2万円で自分好みのパンツが作れてしまいます。では私がオーダーしたパンツをさっそくご覧いただきたいと思います。

参照 SUITSUPPLY(スーツサプライ)カスタムメイドパンツ

カノニコ製ウインドペーン生地

SUITSUPPLYカスタムメイドパンツ FABRIC:Vitale Barberis Canonico(Blue Windowpane Flannel) FIT:Washington WAISTBAND:Belt Loops SIZE:44 ¥17,000

今回はこのカノニコ製のウインドペーンウール生地で作ってみました。ネイビー地にオフホワイトのペーンが入っています。よくインコテックスやPT01のパンツでも似たような生地があるかと思います。あまり知られていないだけでカノニコ製の生地を使ったパンツって多いですからね。後程詳しくご説明しますが、裾は未修理の状態で送られてきました。すぐにお直し屋さんへ行き、ダブル4.5センチ幅でお直し済みです。

穿いてみる

ご覧のようにノープリーツのテーパードシルエットです。太すぎず細すぎない私好みのちょうど良いシルエットです。太もも周りはややゆとりがあって裾に掛けて細くなっています。股上はやや深い印象ですが、インコテックスやPT01と似たような穿き心地だと感じました。これでお直し代を含めてもアンダー2万円ですから、コスパはかなり良いと思います。自分の好きな生地が選べて、イタリアブランドのパンツとなんら遜色ない穿き心地。正直価格相応じゃないかと甘く見ていましたが、かなり戦闘能力の高いパンツだと思い知らされました。これなら初めから1軍~2軍パンツとして活躍しそうです。ちなみに引いた全体像はこんな感じ。

わかりやすいようにタートルニットと合わせてみました。キレイなテーパードシルエットですよね?何度もくどいですが、これでお直し代を含めても2万円以内です。ひとつ私が気を付けている点として、裾はなるべくノークッション又はくるぶし丈にしています。裾にクッションができてしまうと急に野暮ったく見えてしまうので要注意です。カジュアルで合わせるなら、「ちょっと短いかな?」というくらいでちょうど良いかと思います。最終的には人それぞれ好みになりますが、丈が長過ぎるのはできるだけ避けたいところです。

注文の仕方

ちなみにこちらから注文できます。

①FABRIC

まず初めに生地を選びます。私はカノニコ製のBlue Windowpane Flannelを選びました。この生地は+1,000円になります。無地やチェック、ストライプなど様々な生地から選ぶことができます。

②FIT

このフィットから、「Brescia」か「Washington」を選びます。

Brescia:クリーンでプロフェッショナルな印象を備えながらも、間違いなく洗練されたこのBresciaフィットのパンツは、プリーツの無いミッドライズのスリムフィットパンツで、傾斜したポケット、ジッパーフライ、そしてボタンが特徴です。

Washington:エレガントさと万能さの両方を備えたこのスマートなWashingtonフィットのパンツは、ハイライズのスリムフィットパンツです。ジッパーフライとダブルの鉤ホックと留め金を配し、シームに沿ったポケットとストレートレッグが特徴です。

ちなみに私はWashingtonフィットを選びました。

③TURN UP

ここではパンツの裾を折り返すかどうかを選びます。ここでの注意点として、よほど足が長い方を除きほとんどの方は「Without Turn Up」にして、後日修理屋さんで裾上げを兼ねて好みでダブルやシングルにされた方が良いと思います。

④WAISTBAND

ここではウエストを「Belt Loops」か「Side Adjusters」を選びます。画像を見たままですから説明不要ですよね。これも好みになりますが、トレンドで選ぶならサイドアジャスターが良いでしょうか。ちなみに私はベーシック仕様のベルトループにしました。

⑤SIZE

最後にサイズを選びます。REGULAR・LONG・SHORTと選べますが、よほど足の長い方を除き、REGULARサイズを選ぶことになるかと思います。パンツの股下は裾上げ修理で調整できるので、ウエストで合わせてもらえばほぼ大丈夫かと思います。BresciaフィットもWashingtonフィットもおおよその目安ですが、サイズ44でウエスト78センチ前後、46で82センチ前後、48で86センチ前後。イタリアのパンツサイズとほぼ同じくらいと理解して良いかと思います。ちなみに私はWashingtonフィットのサイズ44でジャストです。ご参考までにBresciaフィットとWashingtonフィットのサイズ表を載せておきます。

Brescia
レギュラー サイズ ウエスト
42 74
44 78
46 82
48 86
50 90

Washington
レギュラー サイズ ウエスト
42 73
44 77
46 81
48 85
50 89

※オーダーのため注文から配送には3~4週間ほど掛かります。

参照 SUITSUPPLY(スーツサプライ)カスタムメイドパンツ

ダブルジャケットと合わせてみる

最後に手持ちのジャケットと合わせたスタイリングをご紹介します。これは4年程前に購入したボリオリのキャメルダブルジャケット。パンツがウインドペーンなので、上はなるべくシンプルな色合いでまとめたい気分です。あとは好みでチェスターを合わせたり、ボルサリーノのハットを被ればいいかなと。もし気になる方はSUITSUPPLYのカスタムメイドパンツでお好きな生地を選んで作ってみて下さい。

参照 SUITSUPPLY(スーツサプライ)カスタムメイドパンツ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です