GranSasso(グランサッソ) ヘンリーネックカットソーをジャケットと合わせてみる!

ジャケットにカットソーを合わせる着方は私は普段やらないため、あまり得意ではありません。いつもは襟付きの長袖シャツばかりで、半袖だとポロシャツを合わせることが多いです。でも着こなしの幅を広げるためには何事にも挑戦ですね。

ジャケットにカットソーを合わせる着方が得意でないもう一つの理由が、ジャケットの襟が猛烈に汚れるからです。ジャケットが直接肌に触れるようになるため、汗や皮脂で汚れるのは目に見えています。なんとも小さい男でしょ(笑)そのため高級ジャケットにはちょっと合わせられません。汚れても許せる範囲のジャケットのみで挑戦しようと思っています(笑)

SUITSUPPLY(スーツサプライ)のサマーツイードと合わせる

DSC04680

DSC04676

DSC04682

DSC04683

SUITSUPPLY(スーツサプライ) HAVANA ライトブラウンジャケット サイズ44
GranSasso(グランサッソ) ヘンリーネックカットソー ホワイト サイズ46
INCOTEX SLACKS(インコテックス スラックス)619 ネイビー サイズ30
SUITSUPPLY(スーツサプライ) キルトタッセルローファー サイズ41

別にこのジャケットが汚れてもいいわけじゃありませんよ。値段的に許せるかどうかです(笑)こんな感じでSUITSUPPLYのサマーツイード(フェルラ生地)と合わせてみました。さらりとジャケットを羽織りたい気分です。

カジュアルな雰囲気の食事ならこれでもアリかと思います。ただジャケットを脱ぐと一気に子供っぽくなってしまうのが難点。大人の男ならやはりジャケットは着ていたい。

LBM1911のコットンリネンジャケットと合わせる

DSC04687

DSC04690

DSC04694

LBM1911 コットンリネンジャケット オフホワイト サイズ44

もう一つの汚れても許せるジャケットはLBM1911のコットンリネン。アンコンの軽い作りのジャケットはカットソーなんかに合わせても違和感がありません。ボリオリのDOVERやCOATなんかもそうですね。

逆にタリアトーレやカルーゾなどのカッチリとした構築的なジャケットでも可能ですが、やはりこちらはシャツを合わせた方がよく馴染むかと。私はその前に合わせる勇気がありませんが(笑)そういう意味でカットソーに合わせるジャケットはおのずと決まってきそうです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です