サングラスは外したらこの2箇所へ挿してコーデに取り入れたい!

tumblr_n7kwc0DIgT1qfg737o1_1280

これから日差しが強くなる時期に欠かせないアイテムの一つがサングラス。来週から始まるPITTI UOMO(ピッティウォモ)でもほとんどの伊達男が掛けていると言ってもいいくらいです。今年はどんなサングラスを掛けた伊達男が多くなるのか今から楽しみです。

サングラスはレンズの濃さにもよりますが、日中に外で掛けているときは問題ないのですが、室内へ入ったり夕方になると暗く感じるときがあります。私も暗くて見にくいと感じたときは外すのですが、外したサングラスもせっかくならコーディネートに加えたいところです。

ではそのサングラスをどこへ持ってこればいいのか?考えてみました。

胸ポケットに挿す

DSC04768

これは多くのイタリア伊達男もやっていますが、ジャケットの胸ポケットへレンズを外側にして挿したい。レンズを中へ入れてサングラスのテンプルだけ見せる方法もあるのですが、せっかくならレンズを外に出してアピールしたいところ。

ポケットチーフにサングラスを加えると一気に胸元が華やかになります。

シャツの襟元に挿す

Capture

DSC04771

これはもう定番の位置ですよね。ただ気を付けたいのが、さりげさなを出すこと。いかにも挿していますというより、自然に身に付けたいところです。でもこの位置に挿す時点でカッコつけに見られますがね(笑)

どちらの挿し方も注意したいのが、サングラスの落下です。前かがみになると簡単にストンと落ちてしまいます。割れたり失くしたりする可能性があるのでご注意下さい。

まとめ

サングラスだけでなく、身に付けるアイテムはすべてコーデに活用したい。例えばカーディガンやニットを脱いだときに肩掛けや腰巻をするのと同じ要領です。ジャケットやコートも脱いで手に持っているだけで絵になるように。そのアイテムを使っていないときもコーデとして取り入れてしまう。そんな使い方ができてこそ真の伊達男じゃないかと思っています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です